読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミライカケイ

LFP研究会メンバーがライフプランを軸足に綴る研究日誌(旧ブログ→http://lfp.jugem.jp/)

蓮始開

石川直子です。

ずいぶんとお休みをいたしました。

7月11日、私たちLFP研究会の顧問であり父である奥田啓介先生が癌のため逝去されました。79歳でした。

2月のLFP定例会が、先生の最後の講義となりました。会の後、モスクワから帰国したメンバーの復帰を祝い先生がお寿司を振舞って下さり、皆でよく食べ、よくしゃべり、よく笑って別れた次の日、突然体調に異変があり緊急入院されました。

すでに成す術がないほど癌は進行しており、あれよあれよという間に体が弱っていかれる先生でしたが、最期まで意識は冴えわたっておられたと、私は思っています。

この1年ほど、先生とよく『死生観』について話をしていました。引退してからの先生はさまざまな宗教の文献にあたられており、最終的に「死んだら無になる」という禅宗的な考えを固めておられたようでした。私は「死んだら意識は宇宙に還る」というような漠然とした考え、と云うより期待が強く、お互い相反する意見を面白おかしく闘わせたりしていました。

今、先生はどうなすっておられるでしょうか。思いがけず意識が残り驚いておられるのではないかと、密かに期待しているのですが。。。

先生は最後まで『生きる』とはどういうことか、私たちに教えてくださいました。いつかあの世で再会出来たら、今度は『死ぬ』とはどういうことか、また喧々諤々面白おかしく、先生と意見を闘わせることができるのではないかと楽しみにしています。

それまでは、先生の薫陶を受けたメンバーと共に、先生の教えをより深く理解できるよう勉強を続けてまいります。

七十二侯 蓮始開(はすはじめてひらく) 合掌

 

 

 

広告を非表示にする